1. 無料アクセス解析
   
06
1
2
3
4
5
6
7
8
10
11
12
14
16
18
19
21
22
23
24
25
26
27
28
30
   

1989.5.20-2010.11.3 

KOU、21歳で永眠
大切なことをたくさん教えてくれたKOU
KOUがいなくなってから4ヶ月目の'11年3月末…
東日本大震災で被災した福島の両親がやって来て
7ヶ月間、一緒に暮らしていました
'11年10月末のKOUの一周忌を機に
我が家の近所にお引越し☆

両親がいる間に、moguraはヘルパーの資格を取り
高齢者施設に就職できました
KOUが見守ってくれていたようです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヒトに不良品はない!

あ~、もう6月も終わっちゃう

毎日、蒸し暑さと闘いながら
電話して、調べて、書類書いて、調べて・・・、
(被災者手続きと就職の用事) 

ブログの更新もできなくなって、
フェードアウトの時期かな
・・・とも 考えたけど~

前記事で「最後」じゃ
なんとも中途半端

それに、
力不足ではあるけど
もう少し伝えたいこともあるし・・・

と、いうことで更新することにしました 


 


先日、生命誌研究館館長の中村桂子先生の
お話を拝聴しました

先生は、生命学の分野の草分け的な存在で
仕分け人をされたり、講演で飛び回ったりと
とてもご多忙な先生です
だけど、優しいオーラがあるんですよ
 70代とは思えない超~若い先生です



講演の内容は「いのち」がテーマ

人も生き物のひとつであり、
いのちはつながっている
  そして限られている

限られているから
  大切でいとおしい
   
謙虚さや感謝の気持ち




みんな同じで、みんな違う
 38億年前から生き物(虫も花も人も)のDNAは同じで、
 横でつながりながら、子孫を残し(縦にも)つながっている
 同じでありながら多様な生物



“生きているを見つめる”ことの重要性
 いのちに関わる分野の重要性
 たとえば、農林水産業、医療・福祉

 経済重視の世界は「生きる力」を弱める
 みんなが幸せになる経済こそが重要




生きる力を身に付け、命を考える  
 生きていることを実感できる子は「よく育つ」

 とても簡単で大切な学習(体験)は
 農業体験や小さな生き物の飼育
   


生き物はそのままで完成品
 機械・部品には「完成品」があるから
 「不良品」もある

 反対に、生き物は「そのままで完成品」
 「不良品」はあり得ない

 人も含めた生き物のDNAには、
 必ず何らかの欠落がある
 固体によっての違いがあるだけ


 「障害者もいる」という前提の
 社会づくりこそが当たり前の姿



当たり前じゃないこと
 人間も自然の一部
 環境破壊は人間も壊す

 経済重視の自然を無視した環境は、
 当たり前のことではない 




と、こんな感じの内容でした


このお話を聞いたあとに観た番組で紹介された
 ブータン(6/9の記事へ)という国は

「生きているを見つめ、生きるを考える」
お手本のような国だなぁと思いました


人間は自然の要素で構成されている
自然を壊せば、人の命も脅かされる


という「当たり前のこと」を理解したうえで
ブレのない政策で暮らしが支えられていました
 

残念ながら日本の社会は「経済ありき」
 
利益追求の経済が、
安全な暮らしを蝕み、
人の心を壊すことも多いんですね
 

そういう社会では、「働け(稼げ)ないもの」は
必然的に評価に値しない存在となります

高齢者・障害者・病人・妊婦は
いつまでも「弱者」です

生き物の世界では、
いろんな固体がいるのが 当たり前なのに・・

「人はそのままで完成品
 生物学の勉強をしてたら当然のこと
 どんなに偉そうにしている人でも
 完璧なDNAの人なんていないのよ」

その先生の言葉に、
なんだかウルッとしたmoguraでした 
  『ブータン国民』が羨ましい


それから、子どもに関するお話では・・

キチンと動くのが機械、
思ったとおりにいかないのが生き物

「子育てが予想どおりにいかなくても
 気にすることはないんです
 そういうものですから」って


そして、子どもに一番の教育は
「農業体験」や「小さい生き物の飼育」
 
限りあるいのちだから尊いんだ
 ということも自然に学びますよ」と



自然を壊してでも
生きようとする人間と

自分たちが安心で豊かに暮らせるように
自然を守りながら生きる人間

日本人も今、
価値観を見直す時期なのかなと思います


KOUを育てて
自分の価値観が変わったように

自然の中で生きることは
とっても大変で手間はかかるけど

時間が経つと、その苦労も払拭されるほどの
大きな喜びや幸せが見出だせるのだと思います


とはいえ、今の生活から、突然大昔の生活に
戻すのは大変なことです

きっと、
今の時代ならではの
「自然に迷惑をかけない生活」を
見つけなくてはいけない
んですね


震災後の原発事故を経験した今だからこそ、
それができるのかも・・・

いや、そうしなきゃいけないと思います


いつも応援していただきありがとうございます

お 願 い
2つのランキングに参加しています♪
1日1回のバナー押し
↓↓どちらのKOUも押して下さるとうれしいです↓↓ 
 
 
 
2010FC2バナー2010村バナー
スポンサーサイト

theme : 障害児と共に生きる日々
genre : 福祉・ボランティア

38億年前からつながる“いのち”

先日、とってもいいお話を聴きました

・・・いのちの話

お話されたのは、遺伝学者の中村桂子先生です

先生は、生命を歴史を通して読みとる
「生命誌」というものを提唱していて、

その生命誌をわかりやすく伝えるために
JT生命誌研究館を設立されたそうです
 


なかなか各地にある展示ではないので
生命誌館に見学に行ったときの様子を
ちょっとだけご紹介しますねっ

 

ものみな一つの細胞から
約38億年前、地球上に生命が誕生してから現代に至るまでの生物の進化をわかりやすく紹介。地球上に暮らす多様な生きものたちは祖先を同じくする仲間であり、その誕生からの果てしない長い時間」を、お互いに「関係」し合いながら生きてきたということを考えるのが「生命誌」だ。
1F展示ホールでは、7年かけたオサムシ研究の紹介や、テーマを設けた展示が随時行われている特別展が見どころ。
3Fでは最先端の研究が実際に行われており、定期的に見学ツアーの企画があるのでぜひ利用してみたい。

JT生命誌研究館/Kit Pressより
http://www.kit-press.com/navi/le/brh/index.html

 

緑に囲まれた大阪府高槻市のJT生命誌研究館(←公式URL) 

 去年、KOUといっしょに高槻に来たなぁ~
 映画を観て、ジャズを聴いて・・・

 ⇒日記(厳重な多目的トイレとかさもっ手)へ  
 ⇒日記(GW企画【ジャズのまちでカンタービレ】)へ


 
館内に入ると、真っ先に目に入る大きな階段

bb-JT生命誌館01
 


階段の一番下にはこんなプレート
bb-JT生命誌館02 (クリックで拡大)
そうです

この階段は「生命誌の階段
一番下は46億年前の「地球の誕生」です

一番上の4階まで来て、
や~~っと人間が登場します

そう思うと、人の歴史って、
とっても浅いんですよね





続いて、「生命誌のお散歩」へ
館内は、スタッフさんが説明してくれるんですよ

bb-JT生命誌館05 


歴史ごとに、生きもののモビールがぶら下がってます
bb-JT生命誌館08  

たとえば・・・

bb-JT生命誌館09 38億年前
 
 原始の海で膜に囲まれた
 生命が誕生する
  





bb-JT生命誌館10 5億年前

 固い殻をもつ生きものが
 現れ、食べるものと食べ
 られるものの関係がはっ
 きりしてくる




bb-JT生命誌館11 現在 

 多様な生きものが暮らす
 豊かな生物界になる







モビールを順に見ていくと

行きは「多様性」、
帰りは「共通性」がみれます


38億年前から現在まで
いろんな生きものが暮らすようになったけど
みんなひとつの「細胞」からできている「共通性」が
長い、長い歴史に受け継がれ、つながっているんですね





館内では、物販コーナーもあって、ペーパークラフトや本、トラ
ンプ、映像作品などを販売していました(ネット注文あり)
bb-JT生命誌館12 bb-JT生命誌館13 
bb-JT生命誌館14 bb-JT生命誌館15  


“ほぇ~”とか
“ふぅ~ん”っていう

程度の低い(笑)反応しかできませんでしたが

大事なことは、
私たちのいのちも他のいのちと同様に、

38億年前から受け継がれたもので
みんなひとつの細胞からできあがったもの

そして、大きな顔をして生きている「人」が
生物界では、とっても小さな存在であり、

その「人」が、他のいのちに、
かなり迷惑をかけて生きている種

だと、いうこと


それに対して、
「大きな存在」だったのが「昆虫」


すべての生物の種のじつに過半数を占める昆虫

わかっている種は150万程度

実際には、2000~8000万種もいるのではないかと
いわれているみたいです

わかっている種が、ほんの数パーセントなんて…


だから、昆虫の研究って奥が深いんだろうなぁ


ちょっと、
ゴキブリに対する思いが変わりました


・・・いやいや、


それはないか(笑)



また、お話のことも後日アップします

      


中村桂子先生
「生命誌からみた宇宙」

「21世紀は生命の時代-生命誌の視点から」/立正大記念講演 
 
いつも応援していただきありがとうございます

お 願 い
2つのランキングに参加しています♪
1日1回のバナー押し
↓↓どちらのKOUも押して下さるとうれしいです↓↓ 
 
 
 
2010FC2バナー2010村バナー

theme : 「生きている」ということ
genre : 心と身体

緑のカーテン成長中

おバァちゃんは、お花を育てたり、家事をしたり・・・
おジィちゃんは、パンを焼いたり、散歩したり、

あとは・・・プランター野菜づくり 


農機まで買って野菜作りをしてた
おジィちゃんには物足りないけど
福島には、とうぶん帰れそうもないしー

今、この地でできるせめてものお楽しみ
bb-11052602.jpg 
5月に植えた 
ミニにんじん(右上)、ほうれん草(左上)、ゴーヤ(左下)


キュウリ、ナス、ピーマンとどんどん増えてます
bb-11052604.jpg 

ほうれん草とラディッシュの収穫が終わって…
bb-11052601.jpg 

台風シーズンに備えて、HAMUOさんも一緒に棚を作ってくれました
bb-11060501.jpg 

2度目のほうれん草(右下)も植えました
bb-11060504.jpg 

左からピーマン、ゴーヤ、ミニトマト ツルが伸びてます
bb-11060503.jpg 


もうすぐ、夏に備えて
緑のカーテンができますよん

HAMUOさんが単身赴任で、
野菜の手入れもできなくなったので
我が家には、偉大なる助っ人が来てくれて
とっても助かってます

さぁ~て、たくさん収穫できるかな
楽しみぃ~~



ヘルパー講習の選考日の前に
土日休みの会社をいくつか面接!
見事。。落ちまくってます(泣)

ヘルパーの資格を取っても「土日休み」で
勤めるなんてこと・・・無理よねぇ~

いつも応援していただきありがとうございます

お 願 い
2つのランキングに参加しています♪
1日1回のバナー押し
↓↓どちらのKOUも押して下さるとうれしいです↓↓ 
 
 
 
2010FC2バナー2010村バナー

theme : 家庭菜園
genre : 趣味・実用

これって園芸療法?

東日本大震災のあと
自然の猛威に打ちのめされた人間を

その力強い生命力を見せつけて
生きる勇気と、
希望を与えてくれたのも
また「自然」だったのかもしれない



岩手県陸前高田の松林で唯一残った「一本松」
trd11061418490018-p3.jpg 


宮城で塩水被害にも負けず花を咲かせたカーネーション
TKY201105020240.jpg  

こんな壊滅状態の中、よく残ってくれたね
なんて、気高いんだろう


              


我が家の玄関前の花壇

春になっても雑草だらけ


KOUが居ないと、
花を植えよう』とか
思えなくなるもので~


ある日突然

あまりの雑然とした景色が目に入り、

花苗をたくさん買ってきてました(笑)

bb-b-11051801.jpg 



福島のおばぁちゃんとmogura・・・

まだまだ、心がもやもやの二人です


ここに、あれ植えようか!
こっちは、これにしよう♪



そんな事を言いながら土いじりしました
m-11051802.jpg 


色があると、いいもんだわぁ


s-11051803.jpg b-s-11051805.jpg

3ヶ月後は

ずいぶん、こんもりしてきました


bb-11061400.jpg 

ナスタチュームも花壇に植え替えたらツルがグングン伸びた
bb-11061404.jpg 





ロベリアと
バラのようなインパチェンスの仲間の
カリフォルニアローズ・フィエスタ
m-11051804.jpg  


こちらも、3か月経って
毎日かわいい花をたくさん咲かせてくれます


bb-11061402.jpg 



小さな玄関前の花壇も
ちょっとだけ賑やかになってきました
bb-11061403.jpg 

花を育てるって
自然に気持ちも元気にしてくれる
大事な作業になってるんだなぁ


KOUが車いすでも看やすいように
屋上菜園を作って、
花や野菜を作るつもりだったけど

まぁ、小規模な花壇の
わずかな花でも
心は大きく癒されているみたいです


こういう効果が「園芸療法」の
根幹になっているんだろうなぁ

・・・体験者は語る


              

心と体を病んだ人たちのリハビリテーション
    園芸療法(←クリック)

              

いつも応援していただきありがとうございます

お 願 い
2つのランキングに参加しています♪
1日1回のバナー押し
↓↓どちらのKOUも押して下さるとうれしいです↓↓ 
 
 
 
2010FC2バナー2010村バナー

theme : 家庭菜園
genre : 趣味・実用

3ケ月経っても、9ヶ月経っても…

もう・・・
東日本大震災から3か月が過ぎたんですね


未だ、行方不明の方のご家族が

「悲しみは増すばかり・・・
 
 あの日に帰りたい」

そうテレビで呟いていました

夢中で生きて、
やっと落ち着いて、
先の見えない不安に駆られ、

家族や知人を待っても
会えない苦しさ

生活のことを考えると
精神的に辛い時期がやってきます





先日、花壇に水をやってると

近所の方がやって来て

「KOUくん、亡くなったのね

今まで(子育てに)苦労したんだから

これからは、思いっきり楽しんでよ!」

と、ずーっと心配してくれていたようで
moguraに声をかけて言った


子育てに苦労したなんて思ってない
ずっと楽しい生活だった

そんなことを言っても
フツウの家族にはわからないのかも


何ヶ月経っても
家族を失った心の中は
癒されるものでもないし

悲しみを忘れることなんて
できるはずはない


だけど、悲しみも背負いながら
前を向いて生こうとは思えるように

・・・なったかな


これから、ちょっと
採用試験に行ってきます



いつも応援していただきありがとうございます

お 願 い
2つのランキングに参加しています♪
1日1回のバナー押し
↓↓どちらのKOUも押して下さるとうれしいです↓↓ 
 
 
 
2010FC2バナー2010村バナー

theme : 障害児と共に生きる日々
genre : 福祉・ボランティア

国民総幸福量

10日ぶりのブログ更新だぁ~ 
お留守にしていてすみません!
しかもポチ凸までして下さって…恐縮です


ええ~、じつは---

就活やら条例委員の用事やら、
被災した親の用事がけっこうあって、
アクセクしてました
福島のオジィちゃんは、取材を受けたり 


なのに、最近の永田町。。

日本の政治家はおかしいです


空々しい茶番劇を見て苛立つ気持ちも 
この番組のおかげで救われました 
    

つなげよう、ecoハート。 2011
本当のエコを考える地球旅行 6月3日(金)放送
 地球のあらゆる生命の共生を考えることがエコロジーの本質…。しかしそれは簡単なことではありません。日本人は、これから、どのような思いで、どのように生きていけばよいのでしょうか? 私たちは、世界に目を向けて、そのヒントを探します。


素晴らしいアルプス山脈の景観を損なうことなく、
地下通路を張り巡らすなどの工夫を行っている
ヨーロッパ1美しいレッヒ村
にも驚いたけど、

一番感動(共感)したのが…

世界一幸せな王国!ブータン相葉君のナビ
ブータン地図ブータンの国旗
中国とインドの間の小さな国【ブータン王国】
国民総幸福量(GNH)を提唱した国!
経済大国への成長よりも、自然との共生を選んだ小国・ブータン。独自の指標「シアワセ度数」によると国民の97%が幸せと答える、心豊かな暮らしを重んじる王国です。  (解説より)





家族といっしょに暮らし、
喜びも悩みも分かち合い、
元気でいられるから「幸せ」と
笑って答える国民の多いこと!

電力の99%は水力発電
「鶴が飛来する」ため鶴には危険な電線は廃止し、
「鶴が来る方が幸せ、電気はなくてもいい」と
心の豊かさを選択する国民


電化製品は炊飯器程度なのに
国際化も進んでいて、
ネットも携帯も普及し、
学校での授業なんて全て英語!
環境学習も徹底してます


そのかわり
自然と共生するためには
義務がたくさんあります

職場や学校では民族衣装を着用(文化の継承)
観光客には、必ずガイドを付ける
建築物のデザインが決められ、信号機はない
お買い物にはエコバッグがフツウ!
建築用の木材は取り過ぎないように制限
タバコの販売禁止


こんなに義務の多い国なのに
国民には不満はなく、
GNH(国民総幸福量)世界ランク8位

日本はGDPは世界第3位なのに、
GNHは90位!!
先進国で最低なんですね 




ただし、ブータン王国には
こんな側面も・・・
 
余力電力をインドに売るなど
経済的にもゆとりがあるせいか、
医療費や教育費はタダらしいのに、
高度医療の普及はイマイチのようで
平均寿命は66歳ほど

また、環境教育に力を入れる反面
識字率は50%以下らしい

学校に行ってない子や
障害児教育なども遅れてるかも ・・


番組ではそういう部分は紹介してなかったけど
ブータンの首相の最後の言葉が本当によかった

私たちのからだは自然の要素でできている
自然が破壊されると、
私たちのからだも持ちこたえられない

「喜び」は一瞬のものだが
「幸せ」は長く続くもの


ずーんと心に届きました 




ブータンに教えられることが多い、今の日本


経済成長を追い求めず
精神的な豊かさに価値を求めたら

環境を守りながら
みんなが幸せに楽しく暮らせるのに

国の「正しいリーダーシップ」で、
「GNH」の高い国になるといいのにな

と、強く切望していました

いつも応援していただきありがとうございます

お 願 い
2つのランキングに参加しています♪
1日1回のバナー押し
↓↓どちらのKOUも押して下さるとうれしいです↓↓ 
 
 
 
2010FC2バナー2010村バナー

theme : 家庭・社会・国の問題を考える
genre : 福祉・ボランティア

最近の記事

記事へのコメント

ブログ内検索

カテゴリー

以下のカテゴリーから探し難い時は「ブログ内検索」を!

ブログパーツ

解析:2010年6月3日~

mogura宛メール

【SEND ME MAIL】をクリック♪

★伝言板★

2015/7月
全く更新もないのに見に来て下さってありがたいです。
さらにコメントまで…
逢えない時間が長くなるにつれ私は情緒不安定(笑)!
でも!今は…!
障害者施設で働いているんですよ!✌
もうすぐお盆です!今年こそは夢でKOUと逢いたいなぁ。
-- E N D --
.
.

ブログ村ランキング

どれでも、ポチっと♪
にほんブログ村 病気ブログ 先天性の病気へ
にほんブログ村 介護ブログ 障がい者福祉・介護へ
にほんブログ村 子育てブログ 障がい児育児へ

FC2ブログランキング

こちらもポチっと♪

FC2Blog Ranking

FC2カウンター

カレンダー

05 | 2011/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

プロフィール

mogura

Author:mogura
夫  :HAMUO
妻  :mogura(管理人)
長男:KOU★享年21歳
 2010年11月3日(水)永眠
 療育センター(週3)
 デイサービス(週1)
 生活介護事業所さんにも
 お世話になっていました
長女:MOU-chan☆大4
次女:PONKO☆高2
うさぎのラッキー♂
  2005年11月生まれ
    
HAMUOさんの両親と6人家族ですが、2015年現在 MOU-chan(大学生)とHAMUOさん(単身赴任)は京都暮らし。

2015年更新

リ ン ク ♪

お役立てください

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
福祉・ボランティア
78位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
介護
31位
アクセスランキングを見る>>

電力使用状況&電気予報

月別アーカイブ

01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12 

最近のトラックバック

RSSフィード

QRコード

↓携帯へURLを送信
QR_Code.jpg
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。