1. 無料アクセス解析
   
05
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

1989.5.20-2010.11.3 

KOU、21歳で永眠
大切なことをたくさん教えてくれたKOU
KOUがいなくなってから4ヶ月目の'11年3月末…
東日本大震災で被災した福島の両親がやって来て
7ヶ月間、一緒に暮らしていました
'11年10月末のKOUの一周忌を機に
我が家の近所にお引越し☆

両親がいる間に、moguraはヘルパーの資格を取り
高齢者施設に就職できました
KOUが見守ってくれていたようです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夕方症候群

ヘルパーの資格を取る前のこと

無資格で勤めた高齢者のデイサービス
入ったわいいけど、なんでこんなに多い・・・

・・・認知症の方!!


少し退屈な時間が続くと

とたんに不穏(ふ・お・ん)な空気が流れる



「家に帰らせて欲しいんだけど!」

「私、何をしたらいいのかしら?
 何にもわからなくなっちゃって…」

「もう孫が帰ってくる時間だから帰ります」

と、自分の手荷物をまとめて
知らない間に帰ろうとする利用者さん 

とくに多いのは
夕方の送迎車が出発する時間帯

順番待ちで残されると
不安はピークになるようで、

他の方は帰るのに
時間延長や泊りだったらタイヘン


「ちゃんと帰らせてもらえるの?」
 
「こんな遠いところに連れてこられて
 一人で歩いて帰れないわ」


そのうちお金の話になり

「お支払いはどうしたらいいんですか?
 お金を持ってないんですけど」


職員が話します
「お金はちゃんと頂いてますから安心してください」

「今までたくさん働いてこられたから
 市が全部出してくれるんですよ」とか…

利用者さんも一度は納得するものの
また同じ質問をしたり、
今度は「お金が盗まれた」「家の鍵が盗まれた」と…


そんな方々の様子を見ていると
私に対応できるのか不安になりました


関わり方を職員の方々に尋ねたら
 
やっとバリデーションの勉強を
始めたばかりの手探り状態らしい

バリデーション療法」を調べると
認知症の方と「共感して接する」ことらしい 


以下が具体的な14のテクニック

NHK「生活ほっとモーニング」より
1・ センタリング(精神の統一、集中)
2・ 事実に基づいた言葉を使う
3・ リフレージング(本人の言うことを繰り返す)
4・ 極端な表現を使う(最悪、最善の状態を想像させる)
    例えば、「この食事はまずい」と文句を言ったら、
    「今まで食べた中で最悪ですか」と聞く。
    それが感情を発散させる手助けになる。

5・ 反対のことを想像する
6・ 思い出話をする(レミニシング)
7・ 真心をこめたアイコンタクトを保つ
    かがんだり、座ったりして、認知症の人の目を直接見つめる。
    信頼を築く。

8・ 曖昧な表現を使う
9・ はっきりとした低い、優しい声で話す
10・ミラーリング(相手の動きや感情に合わせる)
11・満たされていない人間的欲求と行動を結びつける
12・好きな感覚を用いる
   視覚的な表現が好きな人には視覚的な表現で聞く

13・タッチング(ふれる)
   指先で、ほほの上部に軽く円を描くようになでたり、
   両手で肩と背中をさすったりして、気持ちを静める。

14・音楽を使う  

バリデーション(認めるという意味)法では、
具体的なコミュニケーションの方法を示されていて
とても参考になりました
 
アルツハイマー病の第一ステージである「認知障害」の段階では、
「リフレージング(=本人の言葉を繰り返す)」
「思い出話をする」
「好きな感覚を用いる」
「極端な表現を使う」
というのが有効なテクニックだそうです



そして「帰りたい」と連呼する方が多いので
それも調べると、ありました・・・

夕方(夕暮れ)症候群
夕方ごろ決まってそわそわと落ち着かなくなり、「家に帰ります」といって帰り支度をして出ていこうとします。だいたい夕暮れ時にこうしたことが起こるので、夕暮れ症候群、夕方症候群などと呼ばれています。
認知症の方のいう自分の家は、生まれ育った家や、自分が若いころ住んでいた家であったりします。ですから、認知症の方の気持ちを思いやって、否定したり説得するようなことはしないでください。
「家に帰りたい」といったら、とりあえずは「そうですか」と受け止め、それから「夕ご飯を食べていってください」「今日は泊まっていってください」などといって、認知症の方の気持ちを別のことに引きつけるようにしたり、一緒に外に出て満足させるようにしたりしてください。




「夕方症候群」のことがきっかけで
もっと勉強したいと思って
私はヘルパーの資格を取ることを決めました

でもヘルパー講習でもらったテキストには
認知症のことはほんの少ししかなくて、
認知症ケアハウスの外部講師のお話が
とても勉強になりました


施設実習で教育支援のことを聞いたら
勉強会をしている所が多かったです
月一度の勉強会で内容はいろいろですけど・・・

介護職には、ずーっと勉強が必要なんですね

頭にスーッと知識が入るように
何かいいサプリでも飲まないと(笑)

2つのランキングに参加しています♪
1日1回のバナー押し
   ↓↓
どちらのKOUも押して下さるとうれしいです↓↓   
 2010FC2バナー2010村バナー
スポンサーサイト

theme : 認知症の介護
genre : 福祉・ボランティア

ヒトに不良品はない!

あ~、もう6月も終わっちゃう

毎日、蒸し暑さと闘いながら
電話して、調べて、書類書いて、調べて・・・、
(被災者手続きと就職の用事) 

ブログの更新もできなくなって、
フェードアウトの時期かな
・・・とも 考えたけど~

前記事で「最後」じゃ
なんとも中途半端

それに、
力不足ではあるけど
もう少し伝えたいこともあるし・・・

と、いうことで更新することにしました 


 


先日、生命誌研究館館長の中村桂子先生の
お話を拝聴しました

先生は、生命学の分野の草分け的な存在で
仕分け人をされたり、講演で飛び回ったりと
とてもご多忙な先生です
だけど、優しいオーラがあるんですよ
 70代とは思えない超~若い先生です



講演の内容は「いのち」がテーマ

人も生き物のひとつであり、
いのちはつながっている
  そして限られている

限られているから
  大切でいとおしい
   
謙虚さや感謝の気持ち




みんな同じで、みんな違う
 38億年前から生き物(虫も花も人も)のDNAは同じで、
 横でつながりながら、子孫を残し(縦にも)つながっている
 同じでありながら多様な生物



“生きているを見つめる”ことの重要性
 いのちに関わる分野の重要性
 たとえば、農林水産業、医療・福祉

 経済重視の世界は「生きる力」を弱める
 みんなが幸せになる経済こそが重要




生きる力を身に付け、命を考える  
 生きていることを実感できる子は「よく育つ」

 とても簡単で大切な学習(体験)は
 農業体験や小さな生き物の飼育
   


生き物はそのままで完成品
 機械・部品には「完成品」があるから
 「不良品」もある

 反対に、生き物は「そのままで完成品」
 「不良品」はあり得ない

 人も含めた生き物のDNAには、
 必ず何らかの欠落がある
 固体によっての違いがあるだけ


 「障害者もいる」という前提の
 社会づくりこそが当たり前の姿



当たり前じゃないこと
 人間も自然の一部
 環境破壊は人間も壊す

 経済重視の自然を無視した環境は、
 当たり前のことではない 




と、こんな感じの内容でした


このお話を聞いたあとに観た番組で紹介された
 ブータン(6/9の記事へ)という国は

「生きているを見つめ、生きるを考える」
お手本のような国だなぁと思いました


人間は自然の要素で構成されている
自然を壊せば、人の命も脅かされる


という「当たり前のこと」を理解したうえで
ブレのない政策で暮らしが支えられていました
 

残念ながら日本の社会は「経済ありき」
 
利益追求の経済が、
安全な暮らしを蝕み、
人の心を壊すことも多いんですね
 

そういう社会では、「働け(稼げ)ないもの」は
必然的に評価に値しない存在となります

高齢者・障害者・病人・妊婦は
いつまでも「弱者」です

生き物の世界では、
いろんな固体がいるのが 当たり前なのに・・

「人はそのままで完成品
 生物学の勉強をしてたら当然のこと
 どんなに偉そうにしている人でも
 完璧なDNAの人なんていないのよ」

その先生の言葉に、
なんだかウルッとしたmoguraでした 
  『ブータン国民』が羨ましい


それから、子どもに関するお話では・・

キチンと動くのが機械、
思ったとおりにいかないのが生き物

「子育てが予想どおりにいかなくても
 気にすることはないんです
 そういうものですから」って


そして、子どもに一番の教育は
「農業体験」や「小さい生き物の飼育」
 
限りあるいのちだから尊いんだ
 ということも自然に学びますよ」と



自然を壊してでも
生きようとする人間と

自分たちが安心で豊かに暮らせるように
自然を守りながら生きる人間

日本人も今、
価値観を見直す時期なのかなと思います


KOUを育てて
自分の価値観が変わったように

自然の中で生きることは
とっても大変で手間はかかるけど

時間が経つと、その苦労も払拭されるほどの
大きな喜びや幸せが見出だせるのだと思います


とはいえ、今の生活から、突然大昔の生活に
戻すのは大変なことです

きっと、
今の時代ならではの
「自然に迷惑をかけない生活」を
見つけなくてはいけない
んですね


震災後の原発事故を経験した今だからこそ、
それができるのかも・・・

いや、そうしなきゃいけないと思います


いつも応援していただきありがとうございます

お 願 い
2つのランキングに参加しています♪
1日1回のバナー押し
↓↓どちらのKOUも押して下さるとうれしいです↓↓ 
 
 
 
2010FC2バナー2010村バナー

theme : 障害児と共に生きる日々
genre : 福祉・ボランティア

最近の記事

記事へのコメント

ブログ内検索

カテゴリー

以下のカテゴリーから探し難い時は「ブログ内検索」を!

ブログパーツ

解析:2010年6月3日~

mogura宛メール

【SEND ME MAIL】をクリック♪

★伝言板★

2015/7月
全く更新もないのに見に来て下さってありがたいです。
さらにコメントまで…
逢えない時間が長くなるにつれ私は情緒不安定(笑)!
でも!今は…!
障害者施設で働いているんですよ!✌
もうすぐお盆です!今年こそは夢でKOUと逢いたいなぁ。
-- E N D --
.
.

ブログ村ランキング

どれでも、ポチっと♪
にほんブログ村 病気ブログ 先天性の病気へ
にほんブログ村 介護ブログ 障がい者福祉・介護へ
にほんブログ村 子育てブログ 障がい児育児へ

FC2ブログランキング

こちらもポチっと♪

FC2Blog Ranking

FC2カウンター

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

mogura

Author:mogura
夫  :HAMUO
妻  :mogura(管理人)
長男:KOU★享年21歳
 2010年11月3日(水)永眠
 療育センター(週3)
 デイサービス(週1)
 生活介護事業所さんにも
 お世話になっていました
長女:MOU-chan☆大4
次女:PONKO☆高2
うさぎのラッキー♂
  2005年11月生まれ
    
HAMUOさんの両親と6人家族ですが、2015年現在 MOU-chan(大学生)とHAMUOさん(単身赴任)は京都暮らし。

2015年更新

リ ン ク ♪

お役立てください

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
福祉・ボランティア
63位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
介護
28位
アクセスランキングを見る>>

電力使用状況&電気予報

月別アーカイブ

01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12 

最近のトラックバック

RSSフィード

QRコード

↓携帯へURLを送信
QR_Code.jpg
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。